ここから本文です

自慢の「秘田」飲んで 白河良酒会、7日から限定発売

12/6(水) 10:09配信

福島民友新聞

 白河市と西郷村の酒販10店でつくる白河良酒会(益子朗会長)は7日から、同市大信地域で栽培したコメで醸造した「吟醸酒 秘田(ひでん) 搾りたて生」を限定発売する。
 同会は、同市の杜氏(とうじ)鈴木次悦さんの協力で約20年にわたり酒造りを続けている。鈴木さんが有機農法で栽培したひとめぼれを使い、杜氏を務める大和川酒造店(喜多方市)で仕込んだ。
 今回は50%まで精米し、上品で華やかな吟醸香にすっきりした味わいの1本に仕立てた。
 販売本数は1.8リットル詰め換算で約1500本。価格(税込み)は1.8リットルが2450円、720ミリリットルが1132円。問い合わせは益子酒店(電話0248・23・2432)へ。

福島民友新聞

最終更新:12/6(水) 10:09
福島民友新聞