ここから本文です

クヴィトバとサファロバ 選手投票でそれぞれ受賞<女子テニス>

12/6(水) 15:07配信

tennis365.net

WTA

女子プロテニス協会のWTAは5日、公式サイトで世界ランク29位のP・クヴィトバ(チェコ共和国)と同30位のL・サファロバ(チェコ共和国)がそれぞれ選手達からの投票で選ばれる賞を受賞したと発表した。

【1位はフェデラーvsキリオス】

サファロバは『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』、そしてクヴィトバは『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』をそれぞれ受賞した。

いずれの賞も、共にツアーを回っているWTAプレイヤー達からの投票で選出される。

『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』は、1977年から始まり、選手会での貢献度や、他の選手達に代わって率先した行動などが評価される。

これまではK・クレイステルス(ベルギー)、N・プラット(オーストラリア)、F・スキアボーネ(イタリア)、P・シュライバー(アメリカ)、V・ウィリアムズ(アメリカ)などが受賞していた。

また、『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』はプロテニス選手として手本になる行動、他の選手への尊敬を表す態度をとる、フェアプレーで他の選手達へ親切な対応をするなど、それらがコートの中でも外でも行われている選手に与えられるもの。

1978年から始まったこの賞はこれまで、クレイステルス、E・デメンティエワ(ロシア)、A・イバノビッチ(セルビア)、L・ダベンポート(アメリカ)、C・エバート(アメリカ)、E・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)らが受賞していた。

サファロバは『ピーチー・ケルメイヤー・プレイヤー・サービス・アワード』を4年連続、クヴィトバは『カレン・クランツケ・スポーツマンシップ・アワード』で今回が過去7年間で6度目の受賞となった。

tennis365.net

最終更新:12/6(水) 15:07
tennis365.net