ここから本文です

“新進女優”間宮夕貴「ファゴットの様な人間になりたい」中学時代は吹奏楽部

2017/12/6(水) 17:30配信

MusicVoice

 『第26回日本映画プロフェッショナル大賞』(2016年)で「新進女優賞」を受賞するなど役者としての評価を上げている、グラビアアイドルで女優の間宮夕貴(26)が、12月9日公開の映画『ビジランテ』に出演する。普段は大の音楽好きでもあるという間宮。中学校の時は吹奏楽部に所属し、今も趣味で楽器を奏でることもあるとか。今回は合わせて役柄の印象や撮影時の所感などをたずねてみた。【取材=桂 伸也/撮影=大西 基】

インタビューカット

入江悠監督オリジナル脚本による最新作

 『ビジランテ』は、『SR サイタマノラッパー』『22年目の告白―私が殺人犯です―』などを手掛けた鬼才・入江悠監督のオリジナル脚本による最新作で、町の自警団団長・市議会議員である印刷会社社長の次男、デリヘル業を営む三男のもとに、行方をくらましていた長男が父親の死をきっかけに現れ、運命に翻弄されていく姿を描く。

 トリプル主演として、長男・一郎を大森南朋、市議会議員で自警団の団長を務める二郎を鈴木浩介、そして風俗店の雇われ店長・三郎を桐谷健太が担当。さらに二郎の妻・美希を篠田麻里子が演じるほか、嶋田久作、吉村界人ら豪華な俳優陣が出そろう。ヒロインを務める間宮は、長男・一郎からDVを被りながらも、付きまとい続ける女性・サオリ役を演じる。

 目をそむけたくなるほどのバイオレンスな暴力シーン、さらにかなりの過酷さが垣間見えるハードなセクシーシーンと、作品からは出演者全員が全身全霊で演じた様子がうかがえる。さらにそうして物語に真摯に向き合った成果が、映画で見られる人間の本質に現れているようでもある。

 間宮は当初グラビアアイドルとしてデビューしながら、徐々に本格的な俳優としての転身を試み、時にはヌードも辞さぬ体当たりの演技で、2016年には『第26回日本映画プロフェッショナル大賞』で「新進女優賞」を受賞するなど高い評価を受け、近年その活躍フィールドを広げつつある。今回は以下の要旨で話を聞いた。

〇楽器に、サントラに…音楽がないと落ち着かない
〇自分にピッタリ、「サオリ」はまさしく「ファゴットのような人間」
〇仕事が一番。入江監督との戦いで得た成長

 インタビューは以下から。

1/4ページ

最終更新:2017/12/6(水) 17:30
MusicVoice