ここから本文です

沿道からトマトで応援!? たかみなNAHAマラソン・レポート

12/6(水) 18:30配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。12月5日(火)の放送は「NAHAマラソン1DAYスペシャル presented by エヌエヌ生命」。12月3日(日)に開催されたNAHAマラソンをレポートしました。

今年で33回目を迎えたNAHAマラソン。前日は雨がふっていましたが、晴れ女を自称するたかみなが現地入りしたこともあってか、大会当日は晴れ。
スタート前、以前番組に出演してくれたリスナーランナーの3人に話を聞いてみると、前回は泡盛を飲んで大失敗した吉田皓一さんは、今回は前日お酒を断って気合十分。酒井梨央さんも久々に24時には就寝してすっきり。前日は友人の結婚式だったという西川瑛海さんは、お酒は控え、幸せパワーをたっぷりもらって目指せ4時間切り、と意気込みを語ってくれました。

そして、いよいよNAHAマラソンがスタート! その合図となるのは、通常のマラソン大会ではピストル音ですが、 NAHAマラソンでは平和とシンボルの「万国津梁の鐘」。会場のランナーの多さに驚くたかみなは、「仮装したランナーもたくさんいて、みんな楽しむぞという空気が伝わってきますね!」と興奮を隠せません。

スタート地点でひとしきり応援した後には、20km地点にあるNAHAマラソンのオフィシャルスポンサー・エヌエヌ生命のブースへ。そこでたかみなは、ランナーの方々へのトマト配りに挑戦します。
走ってくるランナーにトマトを手渡すのはコツが必要で、タイミングよく渡せるようになると、「AKB48(時代の)握手会が活かされている! トマトを渡すという長所を見つけました!」とたかみな。

近くで応援していた7歳のみなみちゃん(まさかの同名)と一緒にトマトを渡し続けていると、AKB48のコスプレをしたランナーが。さらにはリスナーランナーの酒井さん、西川さんにトマトを手渡すことができ大満足のたかみな。しかし、リスナーランナーの残る1人、吉田さんの姿は見えず……。

今回は24,874人が参加し、制限時間内にゴールしたのは17,342人(完走率69.72%)。今年は天候もよく、昨年に比べて約15%も完走率がアップしたそうです。そして、見事大会を制したのは……男子は沖縄県出身の濱崎達規選手が2時間20分30秒のタイムで初優勝(大会歴代2位の好記録!)。女子は、廣瀬光子選手が2時間48分17秒で6連覇を果たしました。

1/2ページ

最終更新:12/6(水) 18:30
TOKYO FM+