ここから本文です

「道譲る時が来た」 京都府・山田知事 5選不出馬を表明

12/6(水) 20:21配信

朝日放送

京都府の山田知事が表明 多選批判も理由の1つか

朝日放送

現在4期目を務める京都府の山田知事が、来年春に予定されている知事選に立候補しない意向を表明しました。多選への批判もあった中、「後進に道を譲る」と話しました。

山田啓二知事(63)は、2002年に初当選し、現在4期目で、2011年からは全国知事会の会長も務めています。2004年に府内で鳥インフルエンザが発生した時は、知事として陣頭指揮をとった他、府の北部や南部の観光振興に力を入れ、文化庁の京都移転も実現させました。来年春に任期満了を迎えることから、次の知事選への立候補を政財界などから要請されていた一方で、府議会の自民党などからは多選への批判も出ていました。こうした中、山田知事は6日の府議会で、来年春の知事選に立候補しない意向を表明しました。山田知事は、「府政の発展継続を考える時、次期知事選に出馬することなく、後進に道を譲る時が来た」と述べました。山田知事の不出馬により、知事選に向けた各政党の候補者擁立の動きが活発化しそうです。

朝日放送

最終更新:12/7(木) 9:22
朝日放送