ここから本文です

高橋一生、癒やしを求め“ハリネズミ 風呂“と検索する日々!?

12/6(水) 16:22配信

AbemaTIMES

 6日、検索数が前年に比べて上昇した人物などを表彰する「Yahoo!検索大賞2017」が発表され、俳優部門・女優部門にはドラマ・映画・CMと大活躍した高橋一生、吉岡里帆がそれぞれ選ばれた。

 表彰式に出席した高橋一生は「普段は外のことに疎い人間ですが、みなさんの声が入ってくる一年でした。大河ドラマのラストシーン、柴咲コウさんとの撮影が特に印象に残っています」と話し、「普段は癒やしを求めて“ハリネズミ 風呂“とかで検索しています。動物が大好きなので(笑)」と会場を笑わせた。

 「今年を一字で表すと?」と問われ、自分の名前の一部であり、多くの方に知っていただいた“一歩“という意味で「一」と答え、「一緒に作品に携わってくださった皆さん一人一人に感謝。来年は色々なお仕事を頂いているので、またちょっと違った面をお見せできるのではないかと思います」とコメント、「抱負を持たないのが抱負。皆さんにお任せしたいので、僕は船の舵から手を離して」と決意を語っていた。

 また、吉岡はビデオメッセージを寄せ、今年を一字で「春」と表現。「土の中で外に出たい、芽を出したいを思い続けて、やっと日の目を見させていただいた。今年は新しいチャレンジを頂き、挑戦の連続でした。いろんな人物になったり、時にはキツネになったり。充実した一年でした。ガムシャラに限界はないことがわかったので、来年も自分に厳しく走り抜けたい」とコメントしていた。

授賞式後、大賞を受賞したブルゾンちえみと並んで囲みを受けた高橋は、「あのブルゾンさんだって緊張しています。かっこいい女性です。なんで僕ここにいるんだろう」とコメント。「来年は男の子を育てたい」と宣言していたブルゾンに「僕は育ててくれないんですか?」と迫る一幕も。ブルゾンは「高橋さんはもう完成されているから…」と恐縮しきりだった。

最終更新:12/6(水) 16:22
AbemaTIMES