ここから本文です

平昌五輪 「ロシアの参加認めず」

12/6(水) 8:30配信

ホウドウキョク

IOC(国際オリンピック委員会)は5日、国ぐるみのドーピングが指摘されているロシアについて、2018年2月の平昌(ピョンチャン)オリンピックへの参加は認めず、条件つきで、個人参加を認めることを決定した。
IOCのバッハ会長は、「ロシア五輪委員会を、出場停止とする」と述べた。
IOCは5日、スイスのローザンヌで開かれた理事会で、国ぐるみのドーピングが指摘されている、ロシアの平昌オリンピックへの参加の可否について協議した。
その結果、国ぐるみの不正があったとして、ロシアのオリンピック委員会を資格停止としたうえで、平昌オリンピックに国として参加することを認めず、クリーンであることを証明するなど、一定条件を満たした個人選手を、IOCが招待する形で認めることを決定した。
招待された選手は、「ロシアからのオリンピック選手」と書かれたユニホームを着用し、国旗は、オリンピック旗を掲げることになる。

・映像で見る「平昌五輪 「ロシアの参加認めず」」

最終更新:12/6(水) 8:30
ホウドウキョク