ここから本文です

「太陽の塔」内部、来年3月19日から一般公開

12/6(水) 22:51配信

読売新聞

 大阪府は6日、万博記念公園(大阪府吹田市)の「太陽の塔」内部を、来年3月19日から48年ぶりに一般公開すると発表した。

 見学は予約制で、来年1月19日午前10時から4か月先まで先着順に受け付ける。予約方法は今月中旬、太陽の塔公式ホームページで案内するとしている。

 塔内部には、塔をデザインした芸術家・岡本太郎の作品が展示されている。塔内部は1970年の大阪万博以降、耐震性の点で原則非公開とされたが、見学を望む声が多く、昨年10月から改修工事を進めている。

 入場料は小中学生300円、高校生以上700円。問い合わせは同公園(06・6877・7387)。

最終更新:12/7(木) 16:05
読売新聞