ここから本文です

引っ越し作業の4人、火事で逃げ遅れの男性救助

12/6(水) 21:23配信

読売新聞

 6日午前9時30分頃、大阪府豊中市刀根山の市営刀根山住宅(5階建て)3階の菅沼義雄さん(85)方から出火。

 この火事に近くの住宅で引っ越し作業をしていた「アート引越センター北大阪支店」の従業員4人が気付き、はしごで菅沼さんを救出した。菅沼さんは府内の病院に運ばれたが、命に別条はない。

 豊中署などによると、菅沼さんは一人暮らし。引っ越し作業中だった4人は火事で菅沼さんが3階のベランダに取り残されているのに気づき、玄関から救出を試みたが、カギがかかって入れなかった。

 そのため、引っ越し作業で使うはしごを3階のベランダにかけ、1人がはしごを上り、菅沼さんが下りるのを介助した。はしごを上った同社の今岡英治さん(37)は「ベランダは炎が回り、入ることもできない状態だった。助けようと、ほかのことは何も考えなかったが、正直、間一髪だった」と話した。この火事で、菅沼さんの部屋58平方メートルと上階の一部が焼けた。

最終更新:12/7(木) 16:04
読売新聞