ここから本文です

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットとの再共演は結婚生活の危機を救うため?

12/6(水) 12:59配信

クランクイン!

 2016年の電撃離婚で世界を驚かせたハリウッドの大物カップル、女優アンジェリーナ・ジョリーと俳優ブラッド・ピット。アンジェリーナが2015年の映画『白い帽子の女』でブラッドと共演したのは、結婚生活での問題を解決するためだったことを示唆した。The Hollywood Reporterとのポッドキャスト・インタビューで語っている。

【関連】「アンジェリーナ・ジョリー」フォトギャラリー


 交際していた時期を含め、ブラッドとの12年間の関係を2016年に解消したアンジェリーナ。ブラッドと共に製作・共演し、自身が監督と脚本を務めた『白い帽子の女』のクレジットでは、「アンジェリーナ・ジョリー・ピット」とブラッドの姓を名乗っていた。映画『Mr.&Mrs.スミス』以来、再共演することにした理由について「私たちは映画の共演で知り合い、一緒にうまく仕事ができたから…、一緒に真剣な仕事がしたかったの。コミュニケーションを取るいい方法になると思ったわ。ある意味、そうだったし、私たちはいくつかの事を学んだ」と語ったという。

 「でも、ある状況が続く中で重い空気があった。それは映画のせいではなかったわ」とアンジェリーナ。「私たちが当時、対処しようとしていたことが関係していた…。物事はさまざまな理由で起きる…。私があの作品を書いた理由、あの作品の製作中に感じたこと。自分でもよく分からないの」と続けている。

 俳優の父ジョン・ヴォイトとの確執や最愛の母の死、両乳房の切除手術や卵巣摘出手術など、人生で良くも悪くもさまざまな体験をしたというアンジェリーナ。「作品はきっと、癒やしのものにも、苦悩のものにもなるのね。私たちは何かを一緒に探求できたのだから、あの作品を一緒に作れてうれしいわ。それが何であれ、ある事は解決できなかったけど、お互いに伝えなければいけない事を伝えて通じ合えたのよ」と、ブラッドとの当時の関係を振り返っている。

最終更新:12/6(水) 12:59
クランクイン!