ここから本文です

小池知事「会長の英断」ロシアの五輪派遣禁止を支持

12/6(水) 22:57配信

日刊スポーツ

 東京都の小池百合子知事は6日、トーマス・バッハ・国際オリンピック委員会(IOC)会長が、国主導によるドーピングでの組織的不正を理由に、ロシア選手団の平昌(ピョンチャン)冬季五輪への派遣を禁止するとした判断を、支持する考えを示した。都議会終了後、報道陣の取材に答えた。

【写真】メダル争いへの影響必至 ロシア選手団の派遣禁止

 「(ロシアへの処分は)バッハ会長の英断だと思う」とした上で、「ドーピングはフェアプレーではない。スポーツはフェアでなければ、見ている方も興ざめだし、(ドーピングは)選手の体も痛める」「思い切った決断だと思う」と指摘した。

 今回の問題が、2020年東京五輪・パラリンピックに与える影響を問われると、「IOCの今回の対応が、いちばん大きなくすりになるのではないか」とも指摘した。

 その上で、国内的にドーピングに関する法整備が十分に進んでいないことを挙げ「国会の方で、しっかり進めてほしい」と、要望した。

最終更新:12/6(水) 23:10
日刊スポーツ