ここから本文です

サイト開設、観光客へ魅力発信 沖縄県が注力する「ぬちぐすい」とは?

12/6(水) 8:40配信

沖縄タイムス

 沖縄県はこのほど、国内外の観光客向けに「ぬちぐすい(命の薬、心や体の栄養)」をテーマにしたキャンペーンウェブサイトを開設した。沖縄での穏やかな時間や心が豊かになる文化に焦点を当て、心も体も元気になる体験型観光の魅力を発信する。

 サイト名は、国内客向けが「いのちにちからをくれる島。」、外国客向けが「Live Nuchigusui.」。

 いずれのサイトにも、沖縄の景色を360度のパノラマビューで楽しめる独自コンテンツ「ぬちぐすいウォーク」を盛り込んだ。久米島、やんばる、首里の3カ所をドローンを使った空中映像などで紹介している。地域ごとに、「グランパ・グランマ(祖父・祖母)」と「アンバサダー(大使)」を掛け合わせた「グランバサダー」が魅力を解説する。

 さらに、ダイビングやビーチでの乗馬など、「沖縄でしか体験できないぬちぐすい体験」26メニューを「アドベンチャー」「フード」などの分野に分け写真で紹介している。

最終更新:12/6(水) 8:40
沖縄タイムス