ここから本文です

鳥栖、元日本代表DF坂井達弥との契約満了を発表…レンタル先の大分も発表

12/6(水) 17:51配信

SOCCER KING

 サガン鳥栖は6日、DF坂井達弥との契約満了に伴い、来シーズンの契約を結ばないと発表した。今シーズンに期限付き移籍をしていた大分トリニータも同日に契約満了を発表している。

 坂井は現在27歳。2012年、鹿屋体育大学時代に特別指定選手として鳥栖でデビューした。鳥栖で3シーズンを過ごした後、15年に松本山雅FC、16年にV・ファーレン長崎に期限付き移籍。今シーズンには大分にレンタル移籍し、J2で4試合に出場した。また、14年8月にはハビエル・アギーレ前監督の下、日本代表に初選出。キリンチャレンジカップのウルグアイ戦で先発出場し、日本代表も経験している。

 坂井は鳥栖公式サイトを通じてコメントを発表し、プロデビューを果たしたクラブに感謝を示した。

「今シーズン限りでサガン鳥栖との契約が満了になりました。サガン鳥栖は僕をプロサッカー選手にしてくれたチームです。プロの厳しさ、そしてチームで一丸となって闘い勝てたときの達成感、色々なことを学ばさせて貰いました。これからはそういう環境を作り出せるような選手になっていけるように努力していこうと思います。サガン鳥栖の選手、スタッフ、フロント、スポンサーの皆様、サポーターの皆様、支えていただきありがとうございました」

 また、今シーズン過ごした大分にも公式サイトでコメントを発表している。

「短い間でしたが、1年間ありがとうございました! 大分トリニータでは学ぶことが多く、九州出身のため思い入れもあったので残念です。最後になりますが、大分でプレーするにあたってサポートしてくれた監督、コーチ、フロントスタッフ、ファン・サポーターの皆様本当にありがとうございました! これからもサッカー選手として頑張るので応援よろしくお願いします!」

SOCCER KING

最終更新:12/6(水) 19:45
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合