ここから本文です

“経験者”今野泰幸が語るコロンビアとの埋めるべき「差」とは

2017/12/6(水) 21:38配信

SOCCER KING

 MF今野泰幸(ガンバ大阪)はEAFF E-1サッカー選手権を「アピール合戦」と捉えている。

 日本代表は6日、初戦の朝鮮民主主義人民共和国代表(北朝鮮)戦に向けてトレーニングを実施した。今野は「監督の要求に応えられる選手が残っていく」と語り、前回のワールドカップで対戦し、ロシア大会でも対戦することになるコロンビア代表との「差」を埋めることが重要と主張した。

「チームとしての守備の精度を上げていくのも大事だけど、やっぱり個を上げてかないと。前回のW杯でコロンビアともやったけど、中盤での球際だったりルーズボールは全部もっていかれたし、(カウンターの)スピードはめちゃくちゃ速かった。差はすごい感じたので」

 練習では中盤の底であるアンカーと、一列前のポジションでプレーしたという今野は「まあボランチですね」と起用ポジションを明かした。同じくG大阪でプレーするMF井手口陽介とのコンビネーションは問題ないとしつつも、「2人だけでやるものじゃないので」とコメント。「コミュニケーションとりながら、チームがうまく回るように、スムーズにいくようにしたいです」と語り、中盤の舵取りを目標に挙げた。

 日本代表は9日に北朝鮮代表、12日に中国代表、16日に韓国代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:2017/12/7(木) 1:47
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合