ここから本文です

ユベントスが2発完封で逃げ切る!オリンピアコスを破り、GL突破を自力で掴む

2017/12/6(水) 6:44配信

ゲキサカ

[12.5 欧州CLグループリーグ第6節 オリンピアコス0-2ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第6節1日目が5日に行われ、D組ではユベントス(イタリア)は敵地でオリンピアコス(ギリシャ)が対戦。ユベントスは2-0で勝利し、グループリーグ突破を決めた。

 1日のセリエA第15節で首位ナポリにリーグ戦今季初の黒星をつけたユベントス。欧州CLでは現在グループリーグ2位に位置しており、今節で勝利すれば決勝トーナメント進出が確定する。しかし、引き分け以下の場合は同組のバルセロナvs3位リスボンの結果次第となり、最終節にして大一番を迎えることになった。

 ユベントスは1日のセリエA第15節からメンバーを4人変更。ふくらはぎに違和感を覚えたGKジャンルイジ・ブッフォンに代えてGKボイチェフ・シュチェスニが、胃腸炎になったDFジョルジョ・キエッリーニに代わりDFアンドレア・バルザーリが出場し、MFファン・クアドラードとDFアレックス・サンドロも先発復帰となった。

 開始早々は互いに様子を見ていたが前半15分、ユベントスが先制点を決める。中盤左サイドのMFブレズ・マトゥイディからのロングパスを受けたA・サンドロが、PA左の深い位置から中央に折り返す。素早くゴール前に詰めたクアドラードが押し込んで先制に成功。前半はシュチェスニの好セーブもあり、ユベントスが1-0でリードを守った。

 後半はオリンピアコスも攻勢となるが、ユベントスは後半17分にFWパウロ・ディバラに代えてMFミラレム・ピャニッチを入れ、ボールの動きを加速させる。また同25分にはバルザーリに代えてDFダニエレ・ルガーニを投入して守備を固めた。

 後半37分、オリンピアコスが猛攻を仕掛ける。DFレオナルド・クトリスの左サイドのクロスからゴール前でMFエル・ファルドゥ・ベン・ナブハンが頭で合わせる。しかしボールはゴール左ポストを叩き、ルガーニがすかさずオーバーヘッドでクリアしてチームを救った。

 ユベントスは後半39分にクアドラードに代えてFWフェデリコ・ベルナルデスキを入れて交代枠を使い切る。すると同42分、ベルナルデスキの左足ミドルは相手GKのセーブに遭うが、同45分に再びPA右から切り込んで左足シュート。今度はゴール左に鋭く突き刺さり、2-0とリードを広げて試合終了。主力の守備陣を欠きながらも奮闘を見せたユベントスが勝ち点3を積み上げ、自力で決勝トーナメントに駒を進めた。

最終更新:2017/12/6(水) 7:02
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合