ここから本文です

J2降格の甲府、4選手の契約満了を発表…在籍12年MF保坂「僕の誇り。とても充実した日々でした」

2017/12/6(水) 12:22配信

ゲキサカ

 J1最終節でJ2降格が決まったヴァンフォーレ甲府は6日、MF保坂一成(34)、MF若杉好輝(22)、DF熊谷駿(21)、FWビリー(31)の4選手と契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことを発表した。

 05年に東京学芸大から甲府に加入した保坂は、09年に岡山に移籍したものの、翌年に甲府に復帰。計12シーズンを甲府で過ごした。クラブを通じて保坂は、「今年はチームに貢献できず、そして約束を守れず本当に申し訳ありません。この12年間、昇格やJ2優勝の喜び、降格の悔しさ、悲しさ、など色々なことを経験させてもらいました。とても充実した日々でした。ヴァンフォーレ甲府でプレーができた12年間は僕の誇りです。一生忘れません。そして、公私共に多くの方々に支えてもらったおかげで12年もの間プレーすることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。僕にとって山梨は、第2の故郷以上の存在です。最低でも年1では遊びに来るので、見かけたら気軽に声をかけて下さい。今後は、一緒にプレーした偉大な先輩達の背中を追って、少しでも長くプレーができるよう、しぶとく現役の道を探っていきたいと思います」とコメントしている。

最終更新:2017/12/6(水) 12:28
ゲキサカ