ここから本文です

福岡入団の明治大FW木戸、PO決勝は「相当感動した」…後輩の契約満了「プロになったら自分の責任」

2017/12/6(水) 16:59配信

ゲキサカ

 アビスパ福岡に入団する明治大の主将FW木戸皓貴(4年=東福岡高)は、気持ちを強く持ってプロの舞台に飛び込む。

 まずは先日のJ1昇格プレーオフ決勝。敵地で名古屋と対戦した福岡は、0-0で引き分けたが、レギュレーションによりJ1復帰を逃した。ただあと一歩に迫る気迫を見せたイレブンに、木戸も「感動した」という。「正直、相当感動した。J1の上位クラブがする試合だと思ったし、とても面白かった。気持ちの入ったゲームで、一人ひとりが気持ちの入った中で、アビスパのスタイルが出ていたんじゃないかなと思ったので、ワクワクしました」。

 そこで感じたのは、「アビスパはJ1で戦わないといけないクラブ」ということ。大学2年の夏、そして同3年の夏に負傷し、長期離脱を余儀なくされた両ひざの影響ももう問題ないとした木戸は、「Jリーグに入ったらFWには外国人選手や日本を代表する選手と戦わないといけないというのは覚悟している」と、高いレベルのレギュラー争いが自身の成長にもつながると目を輝かせる。

 またこの日は、東福岡高の一学年後輩だったMF中島賢星が、横浜F・マリノスを契約満了となった。このこともあり、「22歳はサッカー人としては若くはない」と自らを重ね合わせると、「1年目だからというのではなく、試合にでるというイメージを持ちながら結果を出さないと生き残っていけない世界。大学時代はチームに助けられたりしたけど、プロになったら自分の責任。這い上がっていくのは自分自身だとおもうので、日ごろの練習から大事にしていきたい」と言葉に力を込めた。

最終更新:2017/12/6(水) 17:48
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合