ここから本文です

関西学院大MF大塚翔、城西国際大DF徳元悠平が琉球加入…大塚は親子で選手権制覇を経験

2017/12/6(水) 19:04配信

ゲキサカ

 FC琉球は6日、関西学院大MF大塚翔と城西国際大DF徳元悠平の来季加入を発表した。

 富山一高出身の大塚は、2013年度の全国高校選手権にキャプテンとして出場し、父・大塚一朗監督とともに全国制覇を成し遂げていた。その後、関西学院大に進学した。クラブ公式サイトを通じ、「少しでも早くチームに慣れ、試合に出てチームに貢献していきたいと思いますので、みなさま応援よろしくお願いします!」と意気込みを語った。

 那覇西高出身で、3年生時にキャプテンとして選手権に出場していた徳元は、「地元沖縄でプロ生活をスタートできること、嬉しく思います。今まで関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、沖縄に貢献できるよう頑張りますで応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 以下、クラブ発表のプロフィール

●MF大塚翔
(おおつか しょう)
■生年月日
1995年7月25日(22歳)
■出身地
富山県
■身長/体重
171㎝/67㎏
■経歴
富山北Jrユース-富山一高-関西学院大

●DF徳元悠平
(とくもと しゅうへい)
■生年月日
1995年9月12日(22歳)
■出身地
沖縄県
■身長/体重
170㎝/69㎏
■経歴
三和中-那覇西高-城西国際大

最終更新:2017/12/6(水) 19:04
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報