ここから本文です

登米市で救急車と乗用車が衝突 患者は搬送後死亡

12/7(木) 8:10配信

TBC東北放送

TBC

 6日夜、宮城県登米市内の交差点で意識不明の患者を運んでいた救急車に乗用車が衝突しました。
 救急車の患者はその後死亡し、警察が事故との因果関係を調べています。
 6日午後9時40分頃、登米市中田町石森でサイレンを鳴らしながら交差点に入った救急車に、左から走ってきた乗用車が衝突しました。
 消防によりますと救急車は事故当時、自宅の風呂で倒れ、意識不明で心肺停止状態となっていた88歳の女性患者を運んでいました。
 女性患者は事故のあと、別の救急車で予定していた登米市内の病院に10分遅れで運ばれましたが、死亡が確認されたということです。
 警察で、双方の運転手から話を聞いて事故の詳しい状況を調べるとともに、患者の死亡と事故との因果関係について捜査しています。

最終更新:12/7(木) 9:22
TBC東北放送