ここから本文です

三沢洋紀、ライヴ音源のフリー・ダウンロードがスタート 年末恒例弾き語りワンマン開催

2017/12/7(木) 14:56配信

CDジャーナル

 LABCRYをはじめ、PONY、LETTER、三沢洋紀とゆふいんの森、三沢洋紀と岡林ロックンロールセンター、国際オバケ連合、真夜中ミュージック、真夜中フォークミュージック、川本真琴withゴロニャンず、TUNG FAT HEAVEN AND SWEETSなど、さまざまなバンドで活動する三沢洋紀が、期間限定でライヴ音源のフリー・ダウンロードを実施中。

 この音源は、2017年10月の全水曜日の4日間に亘り神奈川・横浜 試聴室その3にて開催された〈三沢洋紀ワンマンライブ4DAYS「ディスカバリー、夢のハマヨコ」〉で演奏された69曲のなかから、13曲を選んだもの。ソロ・アルバム『三沢洋紀 + 5』に収録のソロ曲はもちろん、LABCRYの名盤『COSMOS DEAD』収録曲「砂丘」や、三沢洋紀と岡林ロックンロール・センターの傑作『サイレントのとんがり』収録曲「セプテンバージョー」「むすんだうた」のほか、新曲も収録。マルコス・フェルナンデス、竹久圏(KIRIHITO)、大島輝之、大谷能生、三輪二郎、露木達也、岡田 了、liquidbiupilら、三沢の横浜での活動に縁のあるゲスト陣が参加しています。WAV音源のほか、クレジットと歌詞カード、ジャケット付きです。

 三沢は、2016年12月に同所で行われたワンマン・ライヴに引き続き、今年も12月12日(火)に東京・小岩 Bush Bashにてライヴ〈星月夜、ラウンジぼっち~三沢洋紀・ギター弾き語りワンマンライブ~〉を開催します。

最終更新:2017/12/7(木) 14:56
CDジャーナル