ここから本文です

老舗猫カフェが“老猫見守り場”に転身 あらためて問うペットの命の重さ

2017/12/21(木) 12:20配信

THE PAGE

 「(運が良ければ)猫に会えるかもしれないカフェ」。平成5年に店主の久芳美英さんが自宅をカフェとして開放して以来、このスタンスで25年、営業を続けてきている。

 猫が「接客」をするいわゆる「猫カフェ」とは違う。一般的な猫カフェではドリンク料などを支払って一定時間、猫と触れ合うことができるが、久芳さんが営む「ねんねこ家」(東京都台東区谷中)は、猫が人を楽しませる店ではなく、あくまで猫の生活空間の一部にお邪魔させてもらうという店なのだ。

 そんなのんびりとした雰囲気の「ねんねこ家」がある出来事をきっかけに営業スタイルを変える決意をした。いまは「老猫(病)見守りカフェ」として営業し、2018年末には閉店するという。

猫の街・谷中で猫のいるカフェとして25年

 店主の飼い猫が自宅の一角にあるカフェ空間に自由に出入りするため、カレーやパスタといった軽食やおやつ付の抹茶などを楽しんでいると、ふいに猫が膝にのってきたりする。かと思えば、猫が全くいないときもある。猫カフェではないのだから、それでいいのである。

 客の中には、猫に会えるかもしれないチャンスを狙って訪れる人もいれば、「ねんねこ家」特製のコクのあるカレーや店にいる猫たちを模した猫饅頭目当てで訪れる人もいる。

 もともと「ねんねこ家」は、愛猫を亡くした飼い主の写真からその愛猫の記念像を創るアート空間としてスタートした店だ。カフェ・レストランではあるものの、久芳さん自身が「カオス」と表現する店内には、所せましと久芳さん製作の猫アート作品が置かれている。こうしたアートワークのファンも多く来店する。

 「ねんねこ家」といえば、猫のいる町として知られる谷中では知らない人はいない有名店だ。むしろ、エリアを地域猫の町として広く知らしめた張本人かもしれない。今でこそ猫カフェや猫雑貨屋、猫アート店などが多く点在する谷中だが、「ねんねこ家」はその元祖といえる。

 猫尽くしの店内は居心地がよく、ランチを食べた後、デザートを注文し、さらにドリンクも追加しては長時間滞在し、猫とのコミュニケーションを楽しむ客も少なくない。初めての来店なのに、猫のいるお茶の間のような店内に入った瞬間、思わず「ただいま~」と言ってしまう客もいるという。

 台湾の雑誌の表紙に「ねんねこ家」の写真が使われるなど、海外にも多く紹介されており、様々な国の人たちが「ねんねこ家」を目指して谷中を訪れる。海外に住んでいるのに常連さん、という人もいるほどだ。

1/4ページ

最終更新:10/1(月) 22:14
THE PAGE

あなたにおすすめの記事