ここから本文です

「天声人語 2017年12月7日」

12/7(木) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ぐねぐねと湾曲したブナの巨木群に囲まれると、木の精が目を開いて語り出しそうだった。山形県境に近い秋田県にかほ市の鳥海山(ちょうかいさん)のブナ林を先月訪ね、異形のブナ「あがりこ大王」と「あがりこ女王」たちに対面してきた。離れて立つ2本が今年、遊歩道で結ばれた▼ブナと聞けばすらりと伸びた樹形が浮かぶが、鳥海山北麓(ほくろく)の湿原は様相が違う。根は1本なのに、背丈ほど上がったあたりで幹が子のように分岐する。地元で「あがりこ」と呼ぶ。幹は曲がり、ねじれ、せり上がる▼「噴火や豪雪、病害と説は色々ですが、炭焼きのせいだと私は見ております」と案内人の田中二三男(ふみお)さん(69)。……本文:645文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社