ここから本文です

「無職を楽しんでいる」宮里藍は引退から2カ月半も悠々自適

12/7(木) 18:32配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

9月の「ザ・エビアン選手権」(フランス)を最後に現役から退いた宮里藍さんが7日、千葉県のレイクウッド総成CCで契約するブリヂストンスポーツのファンイベントに参加した。引退後、初めての公の場ということもあり、多くの報道陣に包まれる中、ニアピンコンテストとトークショーで会場を盛り上げた。

【写真】フランスでファンに囲まれる宮里藍

ツアーの舞台から身を引いて2カ月半あまり。久々に姿を見せ、いつもと変わらない元気いっぱいの笑顔を振りまいた。コンテストではブランクを感じさせない鋭いショットも披露。それでも引退後はゴルフから離れ、「年内はこれまで頑張ってきたご褒美だと思って、ゆっくりしたいと思っていた。期間限定だけど、今は無職を楽しんでいます」と悠々自適の生活を過ごしている。

「練習をしなくてもいいのが一番大きな違い。追われることのない、何もしない時間が新鮮です。練習したいという気持ちにもならないので、良いタイミングにゴルフを終われたことを実感しています」

今後の活動について現時点では白紙だが、「メーンはゴルフになると思う」と明かした。とはいえ、着地点への具体的な道筋を定めるのは、もう少し先になりそう。「来年以降は、これまで支えて頂いたスポンサーさんへの恩返しに何かできたらいいなと考えている。重点的に計画を立てていきたい」と話した。(千葉県成田市/塚田達也)