ここから本文です

絵本「おおきな木」作家シェル・シルバースタインの伝記映画、ジェームズ・フランコが監督・主演

2017/12/7(木) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 俳優のほか監督、プロデューサーとしても新作企画を多数抱える多忙なジェームズ・フランコが、今度は作家・作詞家シェル・シルバースタインの伝記映画で監督と主演を務めることがわかった。

 米イリノイ州シカゴ出身のシルバースタインは、世界的ベストセラーとして読み継がれている絵本「おおきな木」や「ぼくを探しに」「人間になりかけたライオン」の作家・イラストレーターとして知られる。また、作詞家としても活躍し、ジョニー・キャッシュのヒット曲「スーという名前の少年」でグラミー賞を受賞。メリル・ストリープ&シャーリー・マクレーン共演の映画「ハリウッドにくちづけ」(1990)の主題歌「I’m Checkin’ Out」でゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネートされた。1999年に68歳で亡くなっている。

 多方面で才能を発揮し、数々の代表作を残したシルバースタインと、複数の肩書きを使い分けるフランコには重なるところが多い。米Deadlineによれば、映画はシルバースタインのアーティストとしての公私にわたる苦悩を描くようだ。タイトルは未定で、リサ・ロガック著の伝記本「A Boy Named Shel(原題)」をもとにクリス・シェイファー&ポール・ビックネアが脚本を執筆している。

 フランコは、オスカーノミネートの呼び声が高い監督・主演作「The Disaster Artist(原題)」が12月8日から米公開される。同作は、史上最低の映画と言われる2003年のトミー・ウィソー監督・製作・脚本・主演作「The Room(原題)」のメイキング過程を描いたコメディで、フランコがトミー役を演じ、実弟のデイブ・フランコほか、アリソン・ブリー、ザック・エフロン、セス・ローゲンが共演している。

 また、フランコはマーベル・コミックスの人気ヒーロー、マルチプルマンを主人公にした「X-MEN」シリーズの新スピンオフ映画に主演。ジョエル&イーサン・コーエン兄弟による、西部劇のアンソロジーテレビシリーズ「The Ballad of Buster Scruggs(原題)」にも出演が決まっている。

最終更新:2017/12/7(木) 11:00
映画.com