ここから本文です

WOOYOUNG(From 2PM) ソロ初となる日本武道館2DAYS公演が大盛況で幕

2017/12/7(木) 14:15配信

エキサイトミュージック

WOOYOUNG(From 2PM)の日本全国ツアー『Solo Tour 2017 “まだ僕は…”』のファイナルが、12月5日・6日、東京・日本武道館にて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今回の全国ツアーは、オリコンウィークリーチャート2位(10/23付け)を記録した2ndミニアルバム『まだ僕は…』を引っさげ、名古屋を皮切りに全国6カ所13公演を行い、ツアーファイナルの日本武道館は開演前から熱気に包まれていた。

歓声に包まれる中、バンドアレンジされた「THE BLUE LIGHT」でWOOYOUNGがステージへ登場しライブがスタート。「MORE」「Letting You Go」と骨太なバンドサウンドに乗ってWOOYOUNGの真っ直ぐなボーカルが会場を包む。

最初のMCで「今夜は最後の夜です! 悔いのないように楽しみましょう!」と話すと、観客の持った青いペンライトが大きく揺れる。

今回のアルバムタイトルでもあり、ツアータイトルでもある「まだ僕は…」から、「AND END」「Give Up」「Only Girl」とスロージャムな曲が続き、ボーカリストとしての新しい一面を魅せた。

シンプルな白シャツの衣装に着替え、「STAND BY ME」「I CAN’T BREATHE」「二人だけ」とバンドとのセッションを楽しみながら自由に動き回り、ステージ上の空間を自ら演出していく姿はエンターテイナーそのもの。

ライブ後半はWOOYOUNGらしいキレのあるダンスで「2NITE」「Going Going」と、前半とは180度違う盛り上がりに会場の熱気は一気にヒートアップ。そしてDJ Timeでは自身のソロ曲や「2PM」の曲をMIXして場内を揺らし、「Superman」「DJ GOT ME GOIN’ CRAZY」「Party Shots」「Yo モリアガッテ Yo」で会場のボルテージも最高潮に達し、大興奮のままに本編を終えた。

アンコールで再び登場すると、「ハンパない」ではフリースタイルによるダンスで会場と一体となってパフォーマンス。そしてラストでは、2PMのアルバムにWOOYOUNGが楽曲提供をし、日本ツアーでも披露された「想像してみて」のコンサート映像がLEDに映し出されると場内からは大歓声が起き、WOOYOUNGも当時を再現するダンスを魅せるなど、「2PMのWOOYOUNG」という意志を改めて感じることが出来る演出も盛り込まれ、割れんばかりの拍手が沸き起こる中、ライブ本編を終えた。

WOOYOUNGは、最後の曲として「天の川~GALAXY~」を披露。最後のMCでは「また、この武道館で会いたいです!」と締めくくった。

これまで以上に観客に寄り添ったライブを見せてくれたWOOYOUNG。全13公演の今回のツアーを通じて、エンターテイナーとしての力量をアップさせたことは間違いない。

なお、この模様はフジテレビNEXT/NEXT smartにて2018年2月11日(日)21時より放送予定となっている。

≪セットリスト≫
1. THE BLUE LIGHT
2. More
3. Letting You Go
4. まだ僕は・・・
5. AND END
6. Give Up
7. Only Girl
Band Bridge
8. Chill Out
9. LAZY DAZY
10. STAND BY ME
11. I CAN’T BREATHE
12. 二人だけ
Band Bridge
13. 2NITE
14. Going Going
DJ Time
15. Superman
16. DJ GOT ME GOIN' CRAZY
17. Party Shots
18. Yo モリアガッテ Yo
<ENCORE 1>
1. ハンパない
2. 想像してみて
<ENCORE 2>
1. 天の川~GALAXY~