ここから本文です

【巨人】畠、マイコ直伝カーブで穴埋める「1年間ローテ守って2ケタ勝利」

12/7(木) 5:33配信

スポーツ報知

 巨人の畠世周投手(23)が6日、マイコラスに代わって先発ローテの柱となることを誓った。都内の球団事務所で契約更改を行い、倍増の2400万円でサイン。この日、米大リーグ・カージナルスがマイルズ・マイコラス投手(29)と総額1550万ドル(約17億5000万円)の2年契約を結んだことを発表。今季14勝の柱がチームを去ることになったが、今季後半戦だけで6勝を挙げたルーキーは「全力でやる」とマイコラスの金言を胸に穴を埋める覚悟だ。

 思わず笑みがこぼれた。畠は初めての契約更改で倍増の2400万円でサイン。初々しい表情で「倍になりました」と声を弾ませると、「ここまで自分でもできると思わなかった。トレーナー、コーチの方々に指導をいただいて、けがから復帰できたのがよかった」と感謝の気持ちを口にした。

 球団の期待の表れでもある。ルーキーイヤーの今季は、昨秋の右肘手術の影響で出遅れたが、7月以降に先発ローテに定着。彗星(すいせい)のごとく現れ、一気に白星を重ね6勝4敗、防御率2・99の成績を残した。斎藤投手コーチからは菅野、マイコラス、田口、畠で「4本柱」と称される活躍だった。

 今季14勝を挙げたマイコラスのメジャー復帰が決定。先発の大きな柱が1本抜けた。後半戦だけ大活躍した畠に大きな重圧がかかるが、それでも強く言い切った。「(マイコラスが)いる、いないは自分にはあまり関係ない。自分に与えられたところを一生懸命、全力でやるだけだと思う」

 助っ人から授かった直伝カーブを極めて来季に臨む。シーズン中、畠はマイコラスとよく意見を交わしたが、カーブについては金言をもらった。「変化球は自分が指の中で一番強いと思う所で切る方が変化がいい。そうやって投げた方がいいよ、と言われました」。オフはそのアドバイスを黙々と練習に取り入れるつもりだ。

 「自分はまだ完投していない。1年間ローテーションを守って、2ケタ勝利できるようにしたい」と先発の穴を埋める覚悟はある。このオフは、菅野らとともにハワイで合同自主トレを行う。「菅野さんに追い付こうとしたらすごい壁にぶつかると思う。何回こけても見捨てるような方じゃないと思うので、ついていきたい」。増額分の使い道は「お金をためたい」と答えた23歳。等身大のニューヒーローが強い、太い柱になる。(玉寄 穂波)

最終更新:12/7(木) 8:20
スポーツ報知