ここから本文です

新幹線、防犯カメラを増設 JR東海

12/7(木) 7:35配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 JR東海は6日、東海道新幹線車内での犯罪抑止のため、N700Aタイプの車両で進めていた防犯カメラの増設工事が14日に完了すると発表した。N700Aタイプの車両は、現在同社が保有する新幹線の約9割を占める。2019年度末に旧型の700系車両が引退するため、20年度からは全車両で防犯カメラが運用される。

 同社静岡広報室によると、増設工事は16年4月に着手した。N700Aタイプの防犯カメラはこれまでデッキのドア付近に設置されていたが、増設工事により客室内とデッキの通路部分にも整備された。工事を終えた車両から既に運用を開始している。

 カメラ増設に合わせ、トラブルへの対応の迅速化のため、車内で非常ボタンが押された際に運転台と車掌室で自動的にカメラ画像が確認できるシステムも新たに導入した。

 東海道新幹線では、15年6月に神奈川県内を走行中ののぞみで男が焼身自殺し、乗客の女性1人が死亡、28人が重軽傷を負う事件が発生した。16年5月には県西部を走行中ののぞみで、男が女性車掌に刃物で軽傷を負わせる事件も起きた。同広報室は「今後もハードとソフトの両面からセキュリティー強化に取り組みたい」と話す。

静岡新聞社