ここから本文です

地産果物の洋菓子巡り 静岡26店でスタンプラリー

12/7(木) 8:33配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市は6日、市内産果物の魅力を広くPRしようと、2018年1月1日から「ZRATTO!しずおかスイーツスタンプラリー」を市内26の洋菓子店で始めると発表した。市内産果物を使った対象商品を計3店舗で購入すると、食事券などが当たる抽選に応募できる。2月25日まで。

 対象商品はミカンの「はるみ」やキンカン「こん太」を使ったタルト、イチゴの「紅ほっぺ」を載せたモンブランタルトや「章姫」を使ったショートケーキなど。複数の商品を提供する店舗もある。

 企画したのは、市農業政策課の芦川泰三さん(37)。静岡大農学部でミカンの研究に取り組み、市職員になる前は食品会社や飲食店での勤務経験がある。

 きっかけは16年度の市民意識調査。市産果物の摂取率や認識率が品種や年代によっては3割を下回るほど低かった。特に若年女性が低い傾向にあり、「若い女性に知られていないと、これから先細ってしまう」と危機感を持ったという。

 田辺信宏市長は「静岡市として初めての試み。洋菓子店をはしごして、市産フルーツの魅力を知ってほしい」と呼び掛けた。

 問い合わせは市農業政策課<電054(354)2091>へ。

静岡新聞社