ここから本文です

染之助さんの“助手”だった林家木久扇「兄弟でひとつの時代作った」

12/7(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 傘の上でまりや升を回す伝統芸能「太神楽(だいかぐら)」の曲芸師、海老一染之助(えびいち・そめのすけ、本名・村井正親=むらい・まさちか)さんが6日午前11時31分、急性肺炎のため東京都杉並区の病院で死去した。83歳だった。56年間コンビを組んだ兄、染太郎さん(享年70)が2002年に死去した後は、ピンで活動を続けた。

 1960年代、染之助さんにまりや升を手渡す“助手”を務めていた落語家、林家木久扇(80)は6日、サンケイスポーツの取材に「『まりを回します!!』の大きな声を合図に兄さんがパッと右手を出したときに渡し、『うまい』といつも褒めていただきました」としみじみ。「『おめでとーございまーす』で、お客さまを晴れやかな気持ちにし、兄弟でひとつの時代を作った」と讃えた。

 兄弟の秘話については「舞台袖で見ていますとね、後ろを向いたときに『ちゃんとやれよ』『お前こそ、手が震えてるよ』って小さい声で言い合うのに、前を向くと笑っていた」と芸道に精進した姿を述懐。「お兄さんが亡くなった後も1人でずっと続けてらっしゃった。ゆっくりお休みください」と呼びかけた。