ここから本文です

鶴竜、日馬について初言及「何て言っていいか分からない…」

12/7(木) 6:01配信

スポニチアネックス

 大相撲の冬巡業が6日、福岡県直方市で行われ、横綱・鶴竜(32=井筒部屋)が、暴行事件の責任を取り引退した元横綱・日馬富士について、公の場で初めて口を開いた。

 「すいません。今はちょっと…。何て言っていいか、分からないです」。短い言葉だったが、複雑な気持ちを表した。4日には白鵬も「今は言葉が見つからない」と発言をしている。そのことについては「本当の気持ちだと思う」と小さくうなずいた。現在、元日馬富士は書類送検を待つ身で、鶴竜と白鵬は、10月下旬に貴ノ岩が暴行された鳥取市内の酒席に同席。鶴竜も今は状況を見守るしかないようだ。自身は故障続きで4場所連続休場中。「気持ちは前向き」と初場所を見据えた。