ここから本文です

「覚えた手口は、使わないで…」 落語家・桂三若さんが防犯落語DVD創作

12/7(木) 20:36配信

神戸新聞NEXT

 特殊詐欺の被害防止策や子どもの見守り活動でのポイントを分かりやすく理解してもらうおうと、兵庫県と県警が「防犯落語」DVDを制作した。7日に神戸市中央区の神戸市危機管理センターでDVDの貸し出し式が開かれ、創作した神戸市出身の落語家桂三若さんが鍵本敦・同市危機管理室長にDVDを渡した。

 県が事務局を務める「ひょうご地域安全まちづくり推進協議会」の啓発活動の一環。詐欺の手口などを楽しく学び、県民に防犯意識を高めてもらおうと、桂さんに創作を依頼した。「オレオレ詐欺」▽「還付金詐欺」▽「架空請求詐欺」▽「子供の見守り活動」の4話を収録。注意する言葉や対策を笑いの中に盛り込んでいる。

 貸し出し式で三若さんは「いま主流の手口を詰め込んだ。自分は大丈夫という人の方がだまされやすい。役に立ててもらえたら」と話し「(手口を)覚えたからといって使う方に回らないように…」と笑いを交えて警告した。

 県内各市町や県民局、県民センターなどで11日から無料貸し出しを始めるほか、YouTubeの県警公式チャンネルや県のインターネット放送局「ひょうごチャンネル」でも視聴できる。(坂山真里緒)

最終更新:12/7(木) 21:31
神戸新聞NEXT