ここから本文です

“燕のゴジラ”D1・村上、本音ポロリ 神宮「思ったより狭い」

12/7(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 ヤクルトの新入団選手8人が6日、東京・北青山の球団事務所で入団契約の手続きを済ませ、神宮球場などを見学した。ドラフト1位・村上宗隆捕手(17)=九州学院高=は、はやる気持ちを口にした。

 「思っていたよりも狭かった。早くこのグラウンドでプレーしたいと思った。やるからには一番を目指したい」

 中堅120メートル、両翼97・5メートルの同球場も高校時代、高校通算52本塁打を放ち、地元・熊本市の藤崎台球場(両翼99・1メートル、中堅121・9メートル)で場外本塁打を打ったこともある大砲の目には、小さくうつった。

 左翼席後方に見えたのは、2020年東京五輪のメインスタジアムとなる建設中の新国立競技場。村上は「日の丸を背負うことは自分にとって目標。そこを目指してやっていきたい」と20歳で迎える大舞台も見据えた。背番号55を背負う“燕のゴジラ”が、神宮で本塁打を積み重ねる。