ここから本文です

小野塚、予選で転倒=ハーフパイプ第2戦―W杯フリースタイル

12/7(木) 8:45配信

時事通信

 【カッパーマウンテン(米コロラド州)時事】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は6日、米コロラド州カッパーマウンテンで男女ハーフパイプ第2戦の予選が行われ、女子で3月の世界選手権を制した小野塚彩那(石打丸山ク)は2回の演技とも転倒して全体30位に終わり、8日の決勝に進めなかった。チーム関係者によると、小野塚は頭部を強打して病院に搬送されたが軽症。今後もチームに同行し、試合出場については様子を見て決める。

 鈴木沙織(城北信用金庫)は全体12位、渡部由梨恵(白馬ク)は17位で敗退。

 男子の米谷優(アークコミュニケーションズ)、和田博雄(nanoク)、高橋佳汰(尾瀬ク)も予選落ちした。 

最終更新:12/7(木) 8:51
時事通信