ここから本文です

「大雪」静岡県内、冷たい朝 三島で大根干し最盛期

12/7(木) 13:12配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 7日は二十四節気の「大雪」。県内は放射冷却の影響で冷え込み、今季一番の寒さを記録した所もあった。静岡地方気象台によると、各地の朝の最低気温は川根本町の氷点下4・3度をはじめ、三島市で0・6度、静岡市駿河区で2・5度、浜松市中区で3・7度など、平年を5度から3度ほど下回る12月下旬から1月下旬の気温となった。

 三島市笹原新田の農業本間国昭さん(67)の畑では、たくあん用の干し大根作りが最盛期となり、白い大根と冬の青空が美しいコントラストを見せた。「最近ようやく強い寒風が吹き始め、作業がはかどりそう」と息子の一平さん(36)。干し上がった大根は自宅横の作業所で漬け込まれ、早ければ月末ごろには食卓を飾る。

静岡新聞社