ここから本文です

広島・松山、打点王獲ります!「100打点が目標です」

12/7(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 【ワイキキ(米ハワイ州)5日(日本時間6日)】広島の優勝旅行5日目は球団行事はなく、選手らはそれぞれ自由行動を楽しんだ。アラモアナの周辺を散歩した松山竜平外野手(32)は打点王獲得を宣言。緒方孝市監督(48)が4番の条件として挙げた「100打点」を目指してアピールしていく。

 ハワイでの滞在も、残すところあと1日。強い日差しを浴びて、こんがりと日焼けした松山が、打点王を宣言だ。

 「打点王は一番獲りたいタイトル。東出さん、迎さん(打撃コーチ)にもそう言われている。100打点が目標です」

 37年ぶりにリーグ連覇した今季は、8月後半に故障離脱した鈴木に代わって4番に定着。打率・326、14本塁打、77打点と結果を残したが、開幕直後のスランプが響き自身初の規定打席には届かず。来年1月の鹿児島での自主トレは同じ左打者の野間、土生と行う予定で「若手に刺激を受けながらサポートしたい」と燃えている。

 4番について、緒方監督は「本塁打が20本でも100打点挙げてくれればいい」と勝負強さを求めている。松山が開幕から猛アピールして、鈴木から鯉の4番を奪ってみせる。