ここから本文です

巨人、マイコラス流出…カージナルスが移籍発表 2年17億5000万円

12/7(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 米大リーグ、カージナルスは5日(日本時間6日)、巨人に今季まで3年間在籍したマイルズ・マイコラス投手(29)と2年契約を結んだと発表した。カ軍公式サイトによると金額は総額1550万ドル(約17億5000万円)に及んだ。残留交渉を行っていた巨人・鹿取義隆ゼネラルマネジャー(GM、60)は「残念です」とコメント。今季14勝8敗の好成績を残した先発右腕の流出は大きな痛手だ。

 マイコラス流出が現実となった。この日未明、米メディアがマイコラスの移籍を報道。カージナルスが2年契約を正式に発表した。

 「巨人での3年間は素晴らしい時間だった。偉大な球団とファンの前でプレーでき、光栄だった。東京での日々を忘れることはない」

 マイコラスは自身のツイッター上に小林とハイタッチする白黒の写真を添えた上で、惜別の言葉を並べた。カ軍公式サイトによると金額は2年総額1550万ドル(約17億5000万円)。ナ・リーグ中地区のカ軍は2年連続でポストシーズン進出を逃し、投手陣の強化を進めていた。

 想定していたとはいえ、巨人にとっては大きな痛手だ。マイコラスは入団1年目の2015年に13勝3敗で勝率1位に輝いた。今季は14勝8敗をマークし、3年間で31勝13敗、防御率2・18の好成績を残した。

 保留選手名簿から外れ、自由契約となった後も残留交渉を続けていたが、流出は避けられず。鹿取GMは「残念です。巨人軍のために頑張ってくれた。巨人軍の勝利に貢献してくれた選手なので、これからの活躍に期待しています」と広報を通じてコメントした。

 流出に備えてFAで野上(前西武)を獲得したとはいえ、菅野、田口と3本柱を形成した右腕の流出で、今後の補強戦略への影響は必至だ。