ここから本文です

明大・柴戸海「『海なし県』と言わせないように頑張る」浦和入団内定会見

12/7(木) 7:13配信

スポーツ報知

 明大サッカー部は6日、都内で「Jリーグ加入内定選手合同記者会見」を行い、ACL王者の浦和に加入するDF柴戸海(かい、22)ら4選手が出席した。

 市船橋高時代はセンターバックだった柴戸は、明大進学後にボランチ転向。身長180センチで、複数ポジションをこなす。「埼玉には海がありません。『海なし県』と言わせないように頑張る」と、自らの名前を引き合いに出して活躍を誓った。

 先月のACL決勝は埼玉スタジアムで観戦し、観客の多さに感動した。「あれだけ多くのサポーターの前でプレーしたことがない。多くのサポーターの前でプレーしてみたい」と意欲。小学校時代には、MF阿部勇樹(36)モデルのスパイクを購入した経験もあり、尊敬しているという。「経験豊富で人間的にも素晴らしい選手なので、ピッチ内外で学びたい」と話していた。(高橋 宏磁)

最終更新:12/7(木) 7:13
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報