ここから本文です

101系が701系に変身…西武鉄道、多摩湖線と多摩川線で「赤電」復活

2017/12/7(木) 23:00配信

レスポンス

西武鉄道は12月7日、101系電車1編成を701系電車の「赤電」塗装に変更すると発表した。まず多摩湖線で運転し、その後は多摩川線で運転される。多摩川線で現在運転されている伊豆箱根鉄道との「コラボ電車」も運転期間を延長し、多摩湖線で運転される。

[関連写真]

西武の701系は1963年にデビューし、1997年までに西武線から引退した通勤形電車。デビュー当初は赤とベージュの2色で塗装され、「赤電」と呼ばれていた。これに対して1969年にデビューした西武101系は、黄色をベースとした塗装を採用。その後は1992年に6000系電車が登場するまで、黄色ベースの塗装が西武通勤車の標準になった。

西武鉄道は「多摩川線開業100周年イベントの際のアンケートで、西武鉄道701系のデビュー当時の色であるレッド×ベージュ色の赤電色(通称=赤電)の復活塗装を希望されるご意見が多かった」とし、101系に「赤電」の塗装を施すことにしたという。101系は2001年にも1編成がイベント企画で「赤電」塗装に塗り替えられたことがある。

101系「赤電」は12月17日から2018年1月19日まで、多摩湖線の国分寺~西武遊園地間で運転される。その後は2018年1月24日から当面の間、多摩川線の武蔵境~是政間で運転される予定だ。

一方、多摩川線では現在、多摩川線開業100周年と西武グループの伊豆箱根鉄道創立100周年を記念し、101系の1編成を伊豆箱根鉄道駿豆線1300系電車と同じ塗装に変更した「伊豆箱根鉄道創業100周年コラボレーション色電車」が運転されている。当初は12月31日まで運転される予定だったが、西武鉄道は好評だとして運転期間を2018年1月19日まで延長。1月24日からは「赤電」と入れ替わる形で多摩湖線で運転される。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:2017/12/7(木) 23:00
レスポンス