ここから本文です

<米大統領>暫定予算迫り記者団に「政府閉鎖は起こりうる」

12/7(木) 18:26配信

毎日新聞

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は6日、暫定予算の期限が8日いっぱいに迫っていることについて「(予算切れによる政府閉鎖は)起こりうる。民主党は非常に危険なことを考えている」と記者団に語った。暫定予算の延長には与野党の合意が必要だが、協議は進んでいない。政府機関の一部閉鎖に陥った場合、責任を野党民主党に負わせる狙いがあるとみられる。

 トランプ氏の発言に対し、民主党下院トップのペロシ院内総務は「政府閉鎖と言っているのはトランプ氏だけ」との反論をツイッターに投稿した。

 トランプ氏と与野党は9月、今月8日を期限とする暫定予算で合意し、政府閉鎖を回避した。しかし、今回は審議中の税制改革法案や本予算をめぐる対立が高まっている。トランプ氏が選挙公約であるメキシコ国境の壁の建設費用を盛り込むよう求めるのに対し、民主党が反対する構図も続いている。8日までに暫定予算を延長できなければ、9日未明から一部の政府機関が閉鎖される。

 共和党はクリスマス前か年末までの短期の暫定予算を組み、時間をかせぐ方針。ただ、期限切れのたびに次の延長を決める必要があり、年末にかけ政府閉鎖の懸念が消えない状態が続きそうだ。

最終更新:12/7(木) 18:26
毎日新聞