ここから本文です

東京五輪のマスコット、最終候補3作品が発表 2月末決定 選ぶのは全国の小学生

12/7(木) 12:48配信

ITmedia NEWS

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は12月7日、「東京2020大会マスコット」の最終候補を発表した。2000を超える応募作品から選ばれた3作品。全国の小学生による投票で2月末にマスコットが決定する。

【画像】紹介動画にはプロフィールも

 応募数2042件の中から、形式要件チェック、デザインチェック、マスコット審査会の審査を経て選出された3作品。“候補ア”は、市松模様と近未来的な世界観から生まれたキャラクター。どんな場所にも瞬間移動できるという。“候補イ”は炎と大地から生まれたキャラクターで、招き猫や神社のキツネをイメージしているという。“候補ウ”は、昔話の世界から飛び出してきたキツネという設定。デザインはキツネに勾玉を組み合わせた。YouTubeでも紹介動画を公開している。

 パラリンピックのマスコットは、“候補ア”が「桜の触覚と超能力を持つクールなキャラクター」。市松模様と桜を表現しており、石や風と話せるという。“候補イ”は風と空から生まれたキャラクターで、狛犬をモデルにしているという。“候補ウ”はタヌキのキャラクターで、頭の上の葉っぱ自由に変身するという。

 どのマスコットになるかは、全国の小学生の投票で決定。投票期間は12月11日~18年2月22日までで、結果発表は2月28日を予定している。

 東京2020大会マスコットは、2017年5月22日に応募要項を発表。応募受付期間は8月1~14日で、個人応募1774件、グループ応募268件、合わせて2042件の応募があった。

最終更新:12/7(木) 12:48
ITmedia NEWS