ここから本文です

東京オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラ最終候補発表 決戦投票は全国の小学生が担当

2017/12/7(木) 12:57配信

ねとらぼ

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、大会マスコット最終候補3案を発表しました。

【画像】マスコットの詳細設定

 候補として残ったのは、シュッとスリムで、どこかスーパーヒーローのようなフォルムが格好良い「ア」案。スポーティさと愛らしさを両立させたバランスが絶妙な「イ」案。「刀剣乱舞」のこんのすけと「Pontaカード」のポンタのようにかわいい「ウ」案の3種類。

 これらは一般公募で集められた2042件(個人1774件、グループ268件)の応募作品から、マスコット審査会などの審査を経て選ばれたもの。最終的な審査は全国の小学生たちの手に委ねられ、小学校のクラス単位での投票を経て決められます。小学生の投票により大会マスコットを選定するのは、オリンピック・パラリンピック史上初の取り組み。投票は12月11日から2018年2月22日にかけて行われます。

 最終候補を選定後、2018年2月28日にマスコット審査会において承認され、さらに、ネーミング選定の後、2018年7月~8月に正式発表される予定となっています。

(C) Tokyo 2020

最終更新:2017/12/7(木) 13:01
ねとらぼ