ここから本文です

須本光希「納得いくアクセル跳べた」 一問一答全文

12/7(木) 17:38配信

朝日新聞デジタル

 「よかった……」

 7日に名古屋市で開幕したフィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルの男子ショートプログラム(SP)に初出場した須本光希(大阪・浪速高)が連続3回転ジャンプを成功させると、取材ゾーンのテレビ画面で見守っていた記者の一人が声を漏らした。須本が演技後、取材陣のインタビューで語った一問一答は次の通り。

 ――本当に素晴らしい演技でした。

 「練習では気持ちいいトリプルアクセル(3回転半)が跳べなくて、本番でやっと納得のいくアクセルが跳べて、すごくうれしかったです」

 ――明日のフリーの目標は何ですか?

 「今日、自分の納得のいく演技ができたので、明日も納得のいく演技をしたいと思います」

 ――ガッツポーツが出ましたね。

朝日新聞社