ここから本文です

2017年の半導体市場、4000億ドル超で過去最高か

12/7(木) 15:44配信

EE Times Japan

●過去最高をさらに更新か

 世界半導体市場統計(WSTS:World Semiconductor Trade Statistics)は2017年11月28日、2017年秋季の半導体市場予測を発表した。それによると、2017年における世界半導体市場は4090億米ドルに達する見込みだという。過去最高を記録した2016年に比べて20.6%の増加となる。これは、2010年以降最も大きな増加率である。

 WSTSは2017年8月に、同年の半導体市場の成長予測を上方修正し、3970億米ドルになると発表していた。今回の予測では、それをさらに上回る4090億米ドルとなっている。

 WSTSは、主要なカテゴリー全ての成長が、これほどの伸びにつながったと分析する。特にメモリは2016年比で60.1%増と、成長率が突出して高い。センサーも同15.9%増と、半導体市場全体の成長に大きく貢献した。地域別に見ても、米州、欧州、日本、アジア太平洋の全地域でプラス成長を達成する見込みだ。

 2018年も、2017年ほどではないが堅調な成長が続くとみられている。WSTSの予測によれば、2018年の世界半導体市場は4373億米ドル。これは2017年比で7%増となる。2017年に続き、全ての地域および製品カテゴリーでプラスの成長を遂げるとみている。

最終更新:12/7(木) 15:44
EE Times Japan