ここから本文です

「IOC決定を尊重」=国際スケート連盟

12/7(木) 14:20配信

時事通信

 国際スケート連盟(ISU)は6日付で、国際オリンピック委員会(IOC)がロシア選手団の平昌五輪参加を禁じ、選手の個人資格による条件付き参加のみを認めたことを受け、「IOCの決定を完全に尊重する」との声明を発表した。

 IOCは5日の理事会で、2014年ソチ五輪でロシアが組織的なドーピングを行ったとする報告書を承認した。ISUは声明の中で「報告書によって明らかにされた内容には本当にショックを受け、深い悲しみを覚える」と記した。

 フィギュアスケートでロシアはメダル候補の有力選手を多く抱える。女子で世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワは、IOC理事会の席で演説し、五輪出場に意欲を示している。 

最終更新:12/7(木) 14:24
時事通信