ここから本文です

パナソニックのノートPC「レッツノート」でリコール バッテリーパックから出火の可能性

12/7(木) 16:20配信

ねとらぼ

 パナソニックが、ノートPC用バッテリーパックのリコールについて発表しました。2014年5月28日と11月13日および2016年1月28日にもリコールを発表していましたが、対象外だったバッテリーからも2017年に連続して発火事故が発生したため、新たなリコールを実施します。

【画像】リコール対象製品

 対象製品を使用している場合、2018年1月下旬から交換用バッテリーパックの発送をするとのこと。交換までの間は、バッテリーパックを取り外して使用するよう呼びかけています。コンセントがない環境で使用している場合は、事故発生の危険性を低減させるため充電量を80%に制限する充電制御ユーティリティーを案内しています。

 該当するバッテリーパックを使用している場合、PCの画面にリコール対象のバッテリーであることを知らせる「緊急のお知らせ」が表示される場合があります。なお、2014年5月、同年11月および2016年1月のリコール対策ですでに交換済みのバッテリーパックは、そのまま使用できるとのこと。

 リコールの告知ページでは、機種の確認方法やパッテリーパックの取り外し方、品番とロット番号の確認方法、問い合わせ先などが掲載されています。

最終更新:12/7(木) 16:20
ねとらぼ