ここから本文です

欧州財務相創設など柱 欧州委、ユーロ圏改革案公表

12/7(木) 7:55配信

産経新聞

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)欧州委員会は6日、ユーロ圏強化に向けた改革案を公表した。「欧州経済・財務相」や「欧州金融基金」(EMF)の創設などが柱。14、15日のEU首脳会議など今後の議論のたたき台とし、EUの経済通貨同盟の統合深化を加速させる方針だ。

 改革はギリシャ債務危機などで露呈したユーロ圏の欠陥を是正し、経済・財政政策の協調や危機対応の強化を図るのが狙い。英国のEU離脱などで揺れる欧州統合を立て直す意味もある。

 欧州財務相はユーロ圏だけでなく、EU全体の経済・財政政策の監督や調整、ユーロ圏財務相会合の議長役を担当。EU予算の枠内でユーロ圏向け予算も設ける。EMFは財政危機に陥った加盟国支援のために創設された金融安全網「欧州安定メカニズム」(ESM)を土台に立ち上げる。

 ユーロ圏改革ではマクロン仏大統領がユーロ圏独自の財務相や予算、議会の創設を提唱するのに対し、欧州委はEU全体としての一体感を重視した形。統合に取り残されると懸念する非ユーロ圏のEU加盟国への配慮のためだが、ユーロ圏には欧州委の提案に異論もあり、調整が課題となる。

最終更新:12/7(木) 7:55
産経新聞