ここから本文です

東京五輪マスコット候補 小学生率直意見「妖怪ウォッチに似てる」

12/7(木) 14:50配信

デイリースポーツ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、大会マスコットの最終候補を発表した。3案の中から、今月11日から来年2月22日まで、全国の小学校で1クラス1票の投票を行い、2月28日に決定する。

【写真】映画「妖怪ウォッチ」のアフレコに興奮する上白石萌音と千葉雄大

 3案は、市松模様や桜を表現しつつ、近未来的なイメージを持つ「ア案」。神社のキツネ、こま犬などをモデルにした「イ案」。キツネやタヌキと、日本古来の勾玉(まがたま)などを組み合わせた「ウ案」。

 この日は都内の小学校で発表イベントが行われ、小学生からは率直な意見が出た。アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空や、映画「スターウォーズ」シリーズが好きだという5年生の赤羽悠太朗君(11)は「ウの作品は日本らしさをビリビリ感じて気に入った」と話し、小学生の投票で決まることについて「五輪は世界で注目されるので責任が重大」と気を引き締めていた。

 一方で、ある小学生からは「ウ案は『妖怪ウォッチ』に似ていると思った」と、率直過ぎる声も上がった。

 マスコット候補は、公募で集まった2042件から、専門家がデザインや法的要件をチェックし、2回の審査会を経て3案に絞られていた。東京2020マスコット審査会メンバーとして出席した中川翔子(32)は「日本はキャラクター大国で、小学生のみんなの投票でその中の金メダルが決まる」と期待を込めた。