ここから本文です

ソフトバンク、法人向けスマホ「AQUOS sense basic」を発売へ IGZOディスプレイ×大容量バッテリーで長時間利用可能

12/7(木) 19:20配信

ITmedia Mobile

 ソフトバンクは2018年2月中旬、シャープ製の法人向けAndroidスマートフォン「AQUOS sense basic」を発売する。省電力性に優れた5型のフルHD(1080×1920ピクセル)IGZO液晶を搭載し、大容量バッテリーを備えたことが大きな特徴だ。

【ホワイトもあります】

 AQUOS sense basicは米国防総省の物資調達基準である「MIL-STD-810G(MIL規格)」に準拠した8項目の試験を通過。耐衝撃性に優れ、高湿度・高温下でも安心して利用できる。またIPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵(じん)性能も備え、シャープ独自のタッチパネルチューニングで画面に水滴がついても快適に利用できるという。

 「VoLTE(HD+)」に対応することでクリアな音声通話も可能で、2700mAhのバッテリーと高い省電力性能で長時間利用を実現した。

 OSはAndroid 8.0、メインメモリは3GB、ストレージは32GB、プロセッサはQualcommのSnapdragon 430(MSM8937)/1.4Hz 4コア+1.1GHz 4コア。カラーはブラック、ホワイト。

最終更新:12/7(木) 19:20
ITmedia Mobile