ここから本文です

<フィギュア>宇野、最後のジャンプ転倒 GPファイナル

12/7(木) 21:54配信

毎日新聞

 ◇フィギュアスケートのGPファイナル(7日、日本ガイシホール)

 羽生のいない、地元開催のGPファイナルで、宇野は期待を一身に集めた。温かい声援を受けて演じたが、最後のジャンプで転倒。演技後は舌を出した。

 ただ「久々に緊張しなかった」という。GPシリーズでは調子が良いと言えなかった4回転フリップ、4-3回転の連続トーループはきれいに降りた。だが、両足のつま先を外側に向けて横方向に滑るイーグルからのトリプルアクセル(3回転半)。跳んだ瞬間「踏み切っていない」と感じたジャンプは軸が傾いた。こらえて降りたものの、バランスを崩して転倒。「練習ではあまりああいうこけ方は少ない。悔しさより面白いこけ方」と苦笑いした。

 痛い減点もあった。曲のハイライトを使用する最後の二つのスピンの部分で、フランス杯から編曲を変更して曲を長くしたが、まさかの規定時間オーバーで1点減点。「驚いた。出始めに動くのが早かったのかな」と首をかしげた。

 SPの演目はビバルディのバイオリン協奏曲「四季」の「冬」。約3年温めてきたプログラムだ。「最近はいつも(練習)以上を出さないとと思っていたが、今回はいつも通りやれればいいと思った」。失敗はあったとはいえ「やれることはやった」。勝負の冬を迎え、加速している。【福田智沙】

最終更新:12/7(木) 21:55
毎日新聞