ここから本文です

虎姫一座 新メンバー4人が初ステージ…平成生まれが昭和歌謡をたっぷりと

12/7(木) 21:13配信

デイリースポーツ

 昭和歌謡を題材にしたパフォーマンスを披露するレビュー劇団「虎姫一座」が7日、拠点とする東京・浅草の「アミューズカフェシアター」で結成7周年公演を行い、新メンバー・かな(23)、ほのか(22)、みさき(24)、えりな(23)がお披露目された。4人は先輩メンバーとともに「東京ブギウギ」や「エノケンメドレー」などを披露。昭和テイストたっぷりのエンターテインメントを届けた。

 同劇団初のオーディションで選ばれた新メンバーは、合格した今年11月5日以降、歌とダンスの稽古を重ね、この日初舞台を踏んだ。オーディションで大賞を受賞したかなは「ここに立っているのが不思議です。もっともっとお見せできるものを作っていけたらと思うので、温かく見守ってください」とあいさつし、さらなる成長を約束した。

 劇団はサザンオールスターズや福山雅治(48)らが所属する芸能事務所・アミューズの大里洋吉会長(71)が総合演出を務め、Perfumeなどを手がけるMIKIKO氏が振り付けを担当。10年12月7日に結成され、日本のエンターテインメント発祥の地である浅草でパフォーマンスを繰り広げている。